岩手県立病院医学会

岩手山バナー.png

自主研修会

※分科会開催の申込書はこちらからダウンロードしてご利用ください。

LinkIcon分科会開催申込書 PDF版
LinkIcon分科会開催申込書 EXCEL版

※県立病院職員を講師とした場合の取り扱いについて

第148回評議員会(平成18年2月4日開催)において、土日等に行われる研修会で医師が講師の場合の超過勤務での対応はどうなるのか、との質問があり、医師対策監に協議した結果、以下の回答があった。

回答:医師の定率部分の超過勤務は、週休日(土日)及び休日でも「診療業務外の業務」を行った場合その該当となる。【別添1:≪給与事務の手引き≫抜粋のとおり】

従って、自主研修会における県病職員を講師とした場合の取り扱いは、下表のとおり。

区分  服務 旅費
(医療局の規定による) 
謝金 講演が時間外の場合 
 医師 公務出張  依頼者負担   無し 勤務日、週休日等を問わず、
定率分又は特別調整額に含まれる。 
 医師以外 公務出張 依頼者負担   無し 超過勤務対応
(実際の講演時間のみ) 


なお、院長および副院長の職にあり「給料の特別調整額」を受けている先生につきましては、その「業務を時間計測にするのが難しくかつ勤務も自己判断で行われるのが常態」であることから一般職員の超過勤務手当等の適応はなく、代わって該当「特別調整額」により評価されていることとなっていることから、上の表の医師の欄の「講演が時間外の場合」に同様に「勤務日、週休日等を問わず、特別調整額に含まれる。」となる。

LinkIcon別添1 ≪給与事務の手引き≫
LinkIcon別添2 ≪給与事務の手引き≫

※ 業者等との関係について

LinkIcon職員の出引きよりQ&A