岩手県立病院医学会

岩手山バナー.png


岩手県立病院医学会雑誌投稿規定

1. 原稿作成要綱

  • (1)  本誌に掲載する論文は岩手県立病院医学会会員及び関係者のものとし,内容は岩手県立病院における研究を主体とする.
  •  関係者のうち原稿投稿時会員でない者が筆頭筆者で投稿する場合は,別に学会が定める額を負担するものとする.この場合において会員との共同投稿でなければならない.投稿論文は他誌に未発表のものに限る.
  •  なお,投稿に際しては二重投稿でない旨の誓約書(別表)に署名捺印し添付するものとする.
  •  臨床研究に関する論文はヘルシンキ宣言を遵守して行われたものであること.研究発表のうえで,倫理上の問題に抵触する論文は受け付けない.特に,インフォームドコンセントに関し編集委員会から要請のあったものについては,その一文を論文に記載するなどの指示に従うこと.
  •  患者個人情報保護のため「患者情報保護に関する内規」を遵守する.
  • (2)  本誌に総説,原著(抄録を除いて400字詰原稿用紙20枚,図表10枚以内),症例報告(抄録を除いて400字詰原稿用紙10枚,図表8枚以内),学会報告な   どの欄を設ける.
  •  原著は「はじめに」,「対象・方法」,「結果」「考察」,「結語」とし,症例報告は「はじめに」,「症例」「考察」,「結語」とする.総説,学会報告には特に規定を設けない.
  • (3)  別紙様式1に論文の題名,著者氏名,共同研究者名,所属(病院名,所属科名)について,和文,英文両方で明記する.Key Word(5項目以内)についても明記する.
  • (4)  必ず和文抄録を提出するものとし,英文抄録の提出は任意とする.和文抄録のみの提出の場合,編集委員会において英文抄録への翻訳を代行する. 和文抄録は原著400字以内,症例報告200字以内とする.英文抄録は200語以内とする.
  •  写真は3組提出する.
  • (5)  原稿は原則としてワープロソフトを使用し,20字×20行を1ページとする.
  •  紙に印刷した原稿と同時に,テキスト形式に変換した原稿を外部記憶媒体(USBメモリ、フロッピーディスク,CDなど)に保存し,ウイルスチェックを行った後、使用したワープロソフトを明記して提出するものとする.
  • (6)  専門用語は各学会の用語集に準ずる.
  • (7)  附図の原稿は黒インクを使用する.図表は本文とは別に綴り,表題および番号を,図では下に「図 」とし,表では上に「表 」と明記し,説明文を記述する.
  • (8)  文献,外国人名,地名は必ず原文を用い薬品名は一般名を原則とし,外国語は活字体を用いること.
  • (9)  図表などの挿入箇所を特に指定する場合は,原稿用紙の欄外に,図○,表○と朱書すること.
  • (10)  度量衡は,CGS単位としm, ㎝, ㎜, ㎠, l, dl, ml, ㎏, g, ㎎, mEq/l, ㎎/dlなどを用い,数字は算用数字を用いること.
  • (11)  引用文献は出現順に番号を附し,本文の終わりにまとめ,原稿に記載する形式は 2. 引用文献形式(例)のとおりとする.なお,雑誌略名は日本医学図書館協会編の略名表およびIndex Medicusによる.
  •  また,引用文献は20以内とする.
  • (12) 掲載の分には別冊30部を無料進呈するので,請求先を明記すること.
  • (13)  本文中に特設するカラーページへのカラー写真の掲載は,編集委員会で決定することとし,これに係る費用は全額医学会で負担する.(この場合,本編には白黒写真で代用する)
  •  なお,本編中でのカラー写真の掲載を希望する場合は,原則として全額自己負担とする.
  • (14)  論文の採否は,編集委員会が決定する.また,査読委員の意見に基づいて,原稿の体裁,内容などについて著者に訂正を求めることがある.
  • (15)  本誌に掲載された論文の版権は岩手県立病院医学会に帰属するものとします.引用に際して得られる許諾料は岩手県立病院医学会の収入とします.
  • (16)  原稿は,盛岡市上田1丁目4番1号 岩手県立中央病院業務企画部業務企画室気付岩手県立病院医学会編集委員会に送付すること.
  • 2. 引用文献形式
  • (1)  雑誌の場合
  • 引用番号) 著者名(筆頭者のみとし2名以上は,他またはet alとする):論文題名.雑誌名 巻:頁,発行年(西暦).
  • 例1 12) 小野満,他:橋本病に合併したNodular regenerative hyperplasia of the liverの一例.肝臓 25: 82-87, 1984.
  • 例2 3) Goldstein I, et al: Intraamniotic infection in the very early phase of the second trimester. Am J Obstet Gynecol 163: 1261-1263, 1990.
  • (2) 単行本の場合
  • 引用番号) 著者名(雑誌に準ずる):書名.版数.
  • 頁,発行所,発行地,発行年(西暦).
  • 例3 21) 中村恭一:胃癌の病理.第2版.p161-180,金芳堂,京都,1972.
  • 例4 22) Sherlock S: Disease of the liver and biliary system. 6th ed. p107. Blackwell Scientific Publications, Oxford, 1981.
  • 引用番号) 著者名:論文題名.書名.頁,編者名,
  • 発行所,発行地,発行年(西暦).
  • 例5 10) 仁木利郎,他:乙型肝硬変にみられた異型細胞群を伴う過形成巣.肝硬変あすの話題.p208,森亘,志賀淳治編,中外医学社,東京,1985.
  • (3) 電子文献(Web)の掲載については,個別に編集委
  • 員会で検討する.

            (改訂 平成21年7月3日)

syorui.gif